2017年3月 1日 「SHINKIN情報玉手箱」3月分執筆いたしました

こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの松原 季恵です。

今日もたのしいですね(^O^)/

全国の信金さん向けに発行されている、
「SHINKIN情報玉手箱」という小冊子3月分発行になりました!
お世話になっている㈱優益FPオフィスでのお仕事です。

 

年度末が近くなってきて、退職を予定している人もいらっしゃると思います。
特に定年退職の場合、一度に大きな金額を受け取って、少し大きな気持ちになりがちです。

でも、退職金はいままで働いてきた分のご褒美ではなく、単純に給料の後払い。
老後の生活資金として貯めておくべき資金です。
そして、定年を迎えいざ受け取ったときには、退職金を計画的に使っていくことが大事です。

そのためにまずしていただきたいのは「ライフプラン」を立てること。
給与収入がなくなり年金中心の生活になると、家計に入ってくるお金はガクンと下がります。
一方、家計の支出は簡単に抑えることはできません。
多くの方がこれまでの積み立てを取り崩しながら上手にやりくりする必要が出てきます。
そのために、今後どのようなイベントがあって、あるいはどのようなイベントをしたいと考えていて、それにどのくらいの費用がかかるのかを前もって推測しておきます。
それが「ライフプラン」です。

ライフプランを作ったうえで少し余裕があれば運用も一つの手段。
退職金の使い途をしっかり考えることで、老後生活が大きく変わっていくでしょう。

今日を楽しくするファイナンシャルプランナー
松原 季恵