【住まいのお金】マイナス金利の正体は?

こんにちは~
ファイナンシャルプランナー松原 季恵です。

今日もたのしいですね(^O^)/

住宅に関わるお金の情報をお伝えするブログです。
今回は住宅ローン含めさまざまな「金利」の違いを確認します。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
2016年1月29日、日銀が「マイナス金利導入」を決めました。
それから株価や為替が揺れ動き、2月9日「長期金利がマイナス」と報道されました。

一般の方からすると「マイナス金利も長期金利マイナスも、どっちも同じ?結局住宅ローンや預金金利が下がるんでしょ。」
そのようなイメージではないでしょうか。

そこで「マイナス金利」の正体とその影響をみていきます。


そもそも、日銀が発表した政策としての「マイナス金利」とは、民間の銀行が預ける日銀の当座預金の金利のことです。

私たちが預けている銀行も、運用先の一つとして日銀にお金を預けています。
その金利をマイナスにすることで、日銀にお金を預けるのではなく融資を増やすように出したのが
政策としての「マイナス金利」(=日銀当座預金の金利)です。

では「長期金利のマイナス」とは?

長期金利とは、具体的に「10年物の国債の直近に入札されたばかりの銘柄の利回り」のことを差します。

国債とは国の借金でしたよね。
国債は債券市場で売買され、価格が変動します。
100円で償還を迎えるものが100円以上の価値で買われるようになり、結果的にマイナス金利になってしまったのです。

このように、政策としてのマイナス金利と長期金利がマイナスというのは、全く別物です。

そこで、皆さんが想像する「預金や住宅ローンがマイナスになる!」というのは正しいようで、少し違います。

まず預金金利が下がるというのは、政策としてのマイナス金利がもたらす影響です。

前述したように、民間銀行の運用先としての日銀から利息が得られなくなれば、銀行の収益が減りますので、預金者に還元できる利息も減ってしまうからです。

一方住宅ローン金利は、政策としてのマイナス金利が直接的に影響しているとは言えないでしょう。

なぜなら、住宅ローン金利が指標としているのは住宅ローン固定金利は長期金利、住宅ローン変動金利は政策金利であり、政策としてのマイナス金利とは別だからです。
(※ここに政策金利という言葉が出てきましたが、今までお伝えしてきた政策のマイナス金利(=日銀当座預金の金利)とは別です。政策金利とは日銀が民間の銀行に対して融資をする際の金利のこと。金融政策の一つで、これの上げ下げで景気を刺激するものです。)

それでもマイナス金利発表後に住宅ローン金利が下がったのは、政策としての「マイナス金利」に加え、欧米市場のリスクなど外的要因により円高株安に影響され、長期金利が下がったからでしょう。

言葉の整理
・政策としての「マイナス金利」=日銀口座預金の金利
・長期金利のマイナス=10年物国債の利回り
・住宅ローン金利の指標=固定金利は長期金利、変動金利は政策金利
・政策金利=日銀が民間銀行に対して融資する際の金利

 

このように金融には紛らわしく勘違いを起こしやすい言葉があります。

分からない時には振り返ってその意味を考えてみましょう。
その時にはお金の流れを意識すると分かりやすいです。

危ないのは、イメージやニュアンスで解釈してしまう事。
金融商品においては、大きな損失を負うことがありますからね。

今日を楽しくするファイナンシャルプランナー
松原 季恵